Guapo!VOL.16 アルペンスキー元日本代表/株式会社デボルターレ代表取締役社長 平澤 岳

WEB版 vol.16
スキーもビジネスも、
『未知』を知ろうとすることで、
必ず『道』が拓(ひら)けた。
 
アルペンスキー元日本代表/株式会社デボルターレ代表取締役社長
平澤 岳
リレハンメル、長野オリンピック二大会連続出場、
アルペンスキーで日本を代表する選手の一人である平澤岳。
スポーツ選手は引退後、その後の人生設計について悩むことが多いというが、
彼が選んだ道は、一からビジネスを立ち上げること。
その社名は“株式会社デボルターレ”。“スポーツ”の語源となったラテン語である。
トップアスリートであった彼が、スキーウェアを脱ぎ、スーツを着るまでの幾多の岐路、
そして導かれるような出会いについて、話を聞いた。
Guapo! vol.16 © Hiroshi Suganuma
ここぞを決める、底力の強さ。
© Hiroshi Suganuma
平澤は標高1,600メートルの志賀高原で、スキースクールとホテルを営む両親の元に育つ。友人と遊びに行くといえばスキーに繰り出す毎日だった。後にオリンピック選手として名を馳せる平澤が、頭角を現し始めたのは中学三年生。小学校の頃から活躍している同期に比べると、だいぶ遅咲きであった。
平澤の人生は、押し出されるように花開く。
「高校進学で悩んでいた時期に、両親の仲人である作家の中野孝次さん(※1)とお話しして、海外に行くことを決めたんです。世界で戦いたいのなら、日本にいることはないと。」
当時、アメリカのバーモント州にある、そのスキーの強豪校に入るためには、推薦が必要だった。その資格は、全国大会で5位に入賞すること。結果は4位。平澤はそれを見事にやってのけた。

思えばいつも、ここぞというタイミングで人生を切り開いてきた。

1994年。
21歳の冬。2月に始まるリレハンメルオリンピックに出場するには、1月15日までの国際大会で国際ランキングの基準ポイントを獲得することが求められていた。若手枠にいた平澤は、4枠中最後の1枠を競う位置につけていたが、その冬は降雪量が少なく決してベストとは言えない状況。1月初頭。平澤にとってポイント獲得の最後のチャンスとなる国際大会がヨーロッパで開催される。各選手がポイント獲得に苦戦する中、案の定雪が少なく、コースのコンデションも劣悪だったが、彼は抽選で1番スタートという好カードを引き当てる(※2)。
結果は1位。またも人生が拓(ひら)けた。リレハンメルオリンピック日本代表を掴んだ瞬間だった。


(※1) ドイツ文学者であり、その著書に「清貧の思想」「ハラスのいた日々」などがある。
(※2) 滑走順が後になればなるほど、滑走面が荒れているため不利とされている。
 
今この一瞬にすべきこと。
勝ち負けの結果は関係ない
オリンピックには魔物がいる、というが、平澤にとってもそれは他人事ではなかった。初出場のリレハンメルは転倒により途中棄権に終わる。オリンピックが終わって一番に考えたのは、メンタルの強化だった。フィジカル、テクニカルと同時にメンタルをトレーニングすることの重要性を